「銀行印」と「実印」と「認印」の違い

イメージ画像

印鑑には、主に「実印」と「銀行印」と「認印」の3種類があります。
その違いは用途による使い分けと、印鑑の大きさ。
役所に届け出て印鑑登録したものが「実印」と呼ばれます。
一方、銀行で口座開設時に届け出たものが「銀行印」となります。

さらに、これらに当てはまらず、登録や届出をしていない印鑑が「認印」(三文判)です。
通常、宅配便の受け取り、商品購入やサービス申し込みなどの契約書などに使われることが多い判子です。
登録や届出など、「実印」や「銀行印」は専門店などで作成するなど、注文制が多いのに対し、「認印」は文具店や100円ショップで購入できるほど手軽。

また、「実印」と「銀行印」と「認印」をセット購入する場合も多く見られます。
社会人になった人へのプレゼントとしても、実用できで重宝されることから人気があります。
一般的に「実印」は一辺が8mm以上25mm未満の正方形に収まる大きさが条件。
「銀行印」はそれよりも一回り小さく、その銀行印よりもさらに小さいのが「認印」というのが通常です。

性別によっても、ほぼ慣習化された好みがあり、「実印」は女性の場合、男性よりも小さく作られることがほとんど。
また、女性の場合には名前のみの「実印」や「銀行印」も多く見られます。
印鑑は、手相や顔相同様、その人物の吉凶を占い道具としても古くから持ちいられてきました。
女性がフルネームで判子を作ることは凶であると言われているため、女性の場合は姓、もしくは下の名前だけで印鑑を作ることが多いのです。

〔オススメ商品のご紹介〕
まるでキャンディーのような透明感のある印鑑はいかがですか?
印鑑の内側にビーズやラメが入っているので、キラキラと輝きとてもきれいです。
プレゼントとしても大人気のおしゃれはんこです!
⇒おしゃれはんこをお求めなら《キレイはんこ》へ
印鑑は重要
http://www.allyoucaneatlovediet.com/
銀行用の印鑑の規定
http://www.albertcove.com/

このページの先頭へ