横彫りされていれば「銀行印」

銀行印イメージ

「銀行印」は、口座開設のときなど、金融機関に登録する印鑑のこと。
大量生産されている既製品などはコピーや複製の怖れがあったり、また過度に使い古した印鑑は印面が不鮮明である可能性があるため、「銀行印」には適していません。
理想的なのは、「実印」や「認印」とは別にし、通帳とも違う場所に保管することです。

一般的な「銀行印」は、姓のみ、もしくは下の名前のみが彫刻されます。
直径は15mm~13.5mm程。
男性は15mm、女性は13.5mmというサイズが多く用いられているようです。
「銀行印」は破損や変形をきたしてしまうと印影の照合が困難になります。
金融機関によって改印を求められることがあるので、材質は耐久性に優れた印材がベター。
書体は、「印相体」や「てん書体」が好まれるようです。

また、「銀行印」では、一文字ずつ横に並べていく横彫りも多く、この場合は左から右へではなく、右から左へ……つまり古い読み方で文字が綴られます。
横彫りは「銀行印」特有のもので、その理由はいくつかあるようです。
まず、他の印鑑とはっきりと区別するため。
「銀行印」は、「実印」と「認印」のちょうど中間の直径です。
「実印」と「認印」を間違えることはまずありませんが、その中間となるとちょっと微妙、という場合も。
そんなときに印面を確かめ、横彫りされていれば「銀行印」というわけです。

もう一つが縁起かつぎ。
「銀行印」は金銭に関わることから、印鑑を大黒天にちなんで黒水牛で作る人もいます。
文字を縦彫りにすると、お金が上から下へと流れていってしまうので、安定している横彫りにするのだとか。

〔HOT TOPIC☆ご紹介〕

かわいいネイルアートを施した、おしゃれはんこが勢揃い!
きれいなお花と、ジュエリーをデコレーションした上品な印鑑です。

銀行印や実印にもオススメのネイルアート印鑑を見てみる

ページの先頭へ