管理は慎重に

銀行印イメージ

「銀行印」「実印」は、その個人を特定し、証明するための印鑑なので、役所で印鑑登録できるのは、たった一本限り。
セキュリティーの面からも、その人にとっての「実印」は一本しかないことになります。
また、「認印」は一本でも済みますし、何本持っていてもかまいません。
いつもどこにしまったのか忘れてしまう、という人は二本三本と持ってもかまわないかもしれませんが、いつ悪用されるかもわからない世の中ですので、くれぐれも管理は慎重に。

さて、「実印」や「認印」と異なり、複数本を持っていたいのが「銀行印」です。
1本しか持てない「実印」とは逆に、同じようにセキュリティーの側面から、「銀行印」は複数作っておくことをお勧めします。
できれば金融機関ごとに異なる印鑑を届け出るのが理想的。
同じ通帳に対し、1本だけで使い回していると、万一それが盗難被害に遭ったときには、金融機関に預けてある預貯金の全てが危険にさらされてしまいます。

「銀行印」が複数本も存在すると管理が大変だ、と言う方もおられるでしょう。
一番の問題は、どの銀行にどの印鑑を届け出たのかわからなくなることではないでしょうか。
その場合は、それぞれ印材で分けてみてはどうでしょう。
牛角や黒水牛、柘植など、材質の異なる印鑑を作っておくのです。

また、模様が微妙に異なる漆塗りの印鑑も有効です。
企業で扱っている「銀行印」であれば、経理が日常的に扱うことが多いので、無断で不正使用されないためにも、複数の社員で管理する必要があります。

〔関連オススメ商品情報〕

ソフトタッチでラクラク捺印ができるサンビーのデーター印は、日付変更が簡単にできて、印字もとても鮮明!
膨大な量の資料でもデーター管理をしっかり行うことができます。

データー印ならハンコヤドットコムの《サンビー館》へ

ページの先頭へ