二重の円

印鑑イメージ

印鑑には個人用と法人用が存在します。
個人用は、各個人が家庭などで使う私的なもので、「実印」や「銀行印」や「認印」など。
法人用は会社で使う印鑑ですが、やはり同じように「実印」と「銀行印」、そして「認印」があります。
法人用の「実印」は、法務局へ登録する企業や各種法人の代表印として使用されるたいへん重要な印鑑。

「銀行印」は、個人用の印鑑と同様に、金融機関に口座を開設する際に届け出ますし、「認印」は重要な「実印」や「銀行印」などを捺印するまでもない書類などに使われます。
こういう説明だと、個人用と法人用の印鑑には、さほど大差ないように思われますが、実際の見た目では様式が大きく異なっています。

まず印面ですが、個人用であれば姓、下の名前、もしくはフルネームで印鑑が作られますが、法人用では、ここに会社の名前が加わります。
デザイン的に説明すると、二重の円になっていて、外側に会社名、そして内側の円の中に代表者名などが彫られてる図柄。

また、印鑑の軸となる部分も違っており、「天丸」という、中央がくびれた形をしていて、手になじみやすくなっています。
もちろん、個人用でも軸が「天丸」の印鑑もありますし、法人用でも、一般的な筒状の「寸胴」の印鑑もあります。
会社や企業で「天丸」が使用されることが多いのは、それが法人用の定番の形なのだからだそう。
見た目で個人用か法事用か一目瞭然で判断できるという便利さもあるのかもしれません。

〔おすすめWEB通販サイトのご紹介〕

印鑑を買うなら、印鑑のインターネット通販No.1【ハンコヤドットコム】へ!

ハンコヤドットコムでは高品質な印鑑を、お求めやすい価格で多数取り揃えております。
この度決済方法に「コンビニ(NP)後払い」が増え、よりお求めやすくなりました!

ページの先頭へ